以東岳登山Ⅱ

H28.6/18-19










インフレーターマットをあきらめて持ってこなかったのが運の尽き。
体中が痛くて寝れたもんではありませんでした。





勉強になりました…









遅くとも5時に出発しよう!
と話していましたが、5時ちょうどに出発!!
a0289094_2364576.jpg






今日は小屋にかなりの荷物を置いてザックを軽くします。





外も明るく穏やかな天気。
a0289094_2382897.jpg

a0289094_239576.jpg






は~
今日のことを考えると、楽しみなような不安なような…










少し歩いてすぐに【直登コース】と【オツボ峰コース】の分岐があります。
a0289094_23172211.jpg

僕達は、直登コース-以東岳-オツボ峰、のコースなので、登りは直登コースを選択します。





分岐からの大鳥池沿いの道はかなり危険。
滑っても池に落ちるだけですが、かなり慎重さを要する場所の連続。
おまけに結構続きます。





事前の情報で、ブーツを脱いでの渡渉、と言われていましたが何とかクリア。
a0289094_2324411.jpg

水かさが少なかったのと、やっぱりいいブーツ(GORE-TEX)を買ったので、少しくらいの水かさは大丈夫だったのが裸足にならずに済みました。





後ろ(北)を振り向くと大鳥池が見えてきました。
a0289094_232935.jpg

この時点で7:00。





あの奥に見えるのが山頂です。
a0289094_23311024.jpg

見えると嬉しいけど、遠く感じるんだよな~





実際はここまで相当きつく、何度かみんなの足を止めました。
いつも同じメンバーなのであまりこういうことは無いのですが…
どうも昨日の大鳥小屋までの登山で足がガタガタになってるみたい。
どうにも体の調子が本当でなく、汗かきの僕がほとんど汗をかかず...
無事に帰れるか心配しながらここまで来ました。





ただ、この展望が開けたところで急登は終えたのでホッとしました^^
顔が物語ってる^^
a0289094_0411565.jpg






足は相変わらずガタガタですがやっぱり気分がいい^^





展望は最高だし…
a0289094_23375090.jpg






花も多く見れるようになってきて…

この山域の代名詞のようなヒメサユリ。
a0289094_23384767.jpg


ハクサンイチゲ。
a0289094_23392096.jpg


イワカガミ。
a0289094_23395194.jpg






いきなり開けたところがありました。
a0289094_23593155.jpg

聞いたら、ここは以東小屋があった場所だそうです。





つーことは…もうすぐ山頂(¬v¬)
イッヒッヒッヒ…(¬v¬)















\( ̄▽ ̄)/










5:00大鳥小屋出発-8:15以東岳山頂到着・4km。
a0289094_0393488.jpg






うわさ通り展望がヤバイ…
中央左側の尖った山が大朝日岳です。
a0289094_0102625.jpg

a0289094_0254581.jpg

※ せっかくの大パノラマですが、画面をポップアップさせる方法がわからない…
この奥に向かうどっしりとした尾根が、以東岳~狐穴小屋(三方境~大朝日岳へつづく)への道になります。
ここはどうしても歩いてみたい^^
登山をする人なら誰もが思うような壮大な景色でした。
ちなみに以東岳から狐穴小屋までの尾根歩きは2時間半かかります。





三角点も抑えて…
a0289094_0283461.jpg






まだお腹も空いてないので、少し休んでオツボ峰コースへ向かうことにします。





この尾根をしばらく歩き、オツボ峰分岐~三角峰~大鳥池となります。
a0289094_0422330.jpg






今回の行程では雪渓もほとんど無く、この数mのみ。
a0289094_055558.jpg






オツボ峰コースもさまざまな花が満開でした^^
a0289094_113544.jpg






8:45山頂出発-11:25大鳥小屋到着・5.2km。
12:40大鳥小屋出発-15:00泡滝ダム到着・6.4km。
a0289094_140552.jpg






全行程で合計22kmくらい。





2日目は大鳥小屋~以東岳~オツボ峰~大鳥小屋~泡滝ダム、と16kmでした。
これは鳥海山のいつもの鉾立コースとまったく同じです。
距離はもっとあるかと思ったら意外と普通だった...(ちょっとショック)





いつもと違うのはやっぱりザックの重さ。
とても苦しい山行となりましたが、仲間がフォローしてくれ、皆ケガ・トラブルもなく(これが何より)最高の2日間になりました^^










おわり
[PR]
by hideueshaker | 2016-06-26 01:21 | 登山
<< 港で 以東岳登山Ⅰ >>