D7000その後

H25・3/1


レンズ・三脚が来ました。













レンズはキットレンズ用の55-300mmに。
価格ドットコムで2万円を切ってました。

キットレンズなのでf値は4.5-5.6
初心者には十分だと思います(かなり安く超望遠が体験できる)。

ボディについてきたキットレンズは18-105mmなので、焦点距離が結構かぶりますが、そんなものかな?。

いつかはマクロレンズなんかもそろえたいです。

箱は金キン
a0289094_23341487.jpg


105mmと
a0289094_23344464.jpg


かっこええ~
a0289094_2335572.jpg
a0289094_23352915.jpg


収納袋
a0289094_23354178.jpg


この他にレンズフードが付属します。





重さは530g。
ボディが690gなので、300mm付けると1220gになります。
ちなみに105mmレンズは420g。





今日、父親のフィルムカメラ見に行ったら、やはり今のキットレンズは安っぽい。
カメラはNIKOMATのEL?(ブラックボディ)でした。

このころはレンズ・ボディとも、作り込みがしっかりしててさすがにMADE IN JAPAN。
a0289094_23493446.jpg


今は海外製の分、安さの恩恵を受けてますが・・・

聞いてはいましたが、本当にレンズ(マウント)が使えたのにはびっくり!!
ニコンのこういうところが好きです(一貫してマウントを変えない)。

おまけにフィルターがたくさんあっていろいろ試せそうです。

父親は結構凝っていたので、ためになるウンチクがすごかった。





そういえばチビッ子ギャングが丸刈りになっていた・・・

BEFORE
a0289094_0281111.jpg

グリングリンです。

AFTER
a0289094_030153.jpg

な、なんか可愛くない(・.・;)
ジジくさいというか・・・
毛質を直すとかで。

抱っこしてたら僕の服がチョコレートだらけに(;一_一)





肝心のカメラは、今のところ使い方が(各設定)まったくわからない。

一眼レフらしい写真はいつ撮れるのか・・・





三脚は、調べに調べて【キング】社の【PHOTOPRO C-5i】のブルーにしました。

登山にはかなり重いですが、ギリギリのバランスを選択したつもりです。
頑丈⇔重量

自由雲台、クイックシュー、最大で目の位置まで伸ばせること、重量、足径や最大荷重、収納サイズなど・・・
車なら重くても大きくてもいいですが、登山やバイクの事も考えると、これ以上のものは見つからないほど、完璧でした(そうそういくつも買えない)。

実際、実物を見たらびっくり!!

かなりの製品です。
皆さん、コストパフォーマンスが高いとベタ褒めだったのがわかります(実際使用してからですが)。

チタン色もありましたが、色がほしかったのでブルーに。

最大でファインダーがちょうど目の位置になります。
a0289094_001828.jpg


職場の人に自由雲台でないと大変と聞いてたので。
a0289094_003674.jpg

実際使っている人の声が一番のアドバイスになります。感謝。

この部分がクイックシュー。
a0289094_0139.jpg

三脚を使うたびにネジネジでは、めんどくさくて使いません。
カメラに傷もつくとか・・・

自由雲台もクイックシューも大体はオプションのようです(高いやつはそれぞれいろんな種類がラインナップ)。





明日は月山で【雪旅籠の灯り】に行くので、間に合ってよかった。
けど、撮影の方が・・・

せっかくいいカメラ買ったので、時間をかけて勉強します。





あとはカメラバッグと慣れてきたらレリーズも・・・
[PR]
by hideueshaker | 2013-03-02 00:13 | つぶやき
<< 雪旅籠の灯り デジイチ購入 >>